ダンス療育指導士・ダンス介護予防指導士育成スクール「プレミア・ケア・スクール」 > ブログ

東京都新宿区四谷三丁目1-4 2F
会社概要事業内容ニュースブログ採用情報

HOME > 事業内容 > プレミア・ケア・スクール > ブログ

ダンスの資格を目指す!気温変化にご注意を!

こんにちは、管理人です。

毎日暖かいですね。
春の花達が活躍してきています。
そうすると花粉も気になってきますね。

今日は花粉の前に気温が高くなると気を付けたい事について簡単に触れていきたいと思います。
発達障がいのお子様の特徴の一つに体温調節がうまくできずに熱を溜め込みやすい事が挙げられます。
体温が上がりやすく、下がりにくい。

そして『自分は今暑い(または寒い)』などの感覚に鈍感なお子さんが多く、体に異常が出るまで無意識に我慢してしまう傾向があります。
また体調が悪い事が自覚できずに泣き出してしまったり酷い時は倒れてしまう事も。

ですので周りの大人が常に気を付けてみてあげることが必要です。

洋服での調節も感覚過敏などで難しいお子様もいらっしゃるのでこまめな水分補給やいつもと様子が違わないかなどいつもより気を付けてあげたいです。
**************************************************

『ダンス療育指導士』とは
文部科学省・厚生労働省が後援する一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが発行する、ダンスと療育の新しい資格です。JDACが主催する「ダンス指導研修会」と、プレミア・ケア・スクールの「ダンス療育指導士養成講座」を受講することで、必要なステップを踏みながら『ダンス療育指導士』を目指し、学習を進めていきます。

プレミアケアスクールではダンス療育指導士を育成するための講座を随時開講。
座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。

ご興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。

03-5362-7136  E-mail) school@premier-jr.jp

3月ダンス療育指導士養成講座スケジュール

3/7(土)東京集中講座 @麹町会議室A

3/8(日)東京定期、集中合同講座 @麹町会議室A

3/22(日)愛知集中講座 @DANCE NATS

3/29(日)愛知集中講座 @DANCE NATS


ダンスの資格を目指す!let'sトライ!

こんにちは、管理人です。

今日はダンス療育指導士のテストの日でした。

毎回色んな方が受けに来て下さいます。
今回のテストではキッチュで子ども達に人気が出そうな振り付けを考えてきてくださった方がいました。
日常で子ども達が覚えたい事がダンスと上手くコラボされていてとても良いなぁと感じました。

さて、ダンスと聞いて皆さん色んなイメージを思い浮かべられると思います。
その中で難しいと感じる方もいらっしゃるかも知れません。

でも子ども達をよく見ていたら遊びの中から振り付けのヒントを得られることもあります。
それとダンスの簡単なステップをコラボすると…⁈

ステキな振り付けが出来上がるかも知れないですよ♫
**************************************************

『ダンス療育指導士』とは
文部科学省・厚生労働省が後援する一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが発行する、ダンスと療育の新しい資格です。JDACが主催する「ダンス指導研修会」と、プレミア・ケア・スクールの「ダンス療育指導士養成講座」を受講することで、必要なステップを踏みながら『ダンス療育指導士』を目指し、学習を進めていきます。

プレミアケアスクールではダンス療育指導士を育成するための講座を随時開講。
座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。

ご興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。

03-5362-7136  E-mail) school@premier-jr.jp

3月ダンス療育指導士養成講座スケジュール

3/7(土)東京集中講座 @麹町会議室A

3/8(日)東京定期、集中合同講座 @麹町会議室A

3/22(日)愛知集中講座 @DANCE NATS

3/29(日)愛知集中講座 @DANCE NATS


ダンスの資格を目指す!聴覚過敏×発達障がい

こんにちは、管理人です。

東京ではまだ2月ですが暖かい日が続いていて、春に咲く花たちが出番だと言わんばかりに咲き始めています。感覚的に1か月程早い感じでしょうか。

さて、春になると花粉症に悩まされる方が多いと思います。
沢山鼻を噛んで耳がツーンとおかしくなったりする経験てありませんか?
其れとは異なるものですが、発達障がいのお子様の中には聴覚過敏の症状を持つお子様もいらっしゃいます。

今日は聴覚過敏について一緒に見ていきましょう!
○聴覚過敏とは大抵の人が我慢できる音を苦痛を伴う異常な音として経験すること。(wikipediaより)
私たちは脳の働きにより聴く音を選択しています。
しかし症状があると周囲の音すべてに過敏になる場合や、特定の音に対してのみ過敏になるというように、個人によって症状や度合いもさまざまです。

例えば、ドライヤーの音、換気扇の音が耳に突き刺さるように感じる。特定の音楽を嫌がる。特に、音の裏にインストルメンタルがたくさん入っている音楽は耳を塞いで嫌がるお子様をよく見かけます。
人混みのざわざわする音と、前の人が話している声が同じ音量に聞こえて集中出来ない。学校のチャイムの音、突然なるサイレンの音などです。
その結果、イライラしたりグッタリと疲れて寝込んでしまったりということがあります。


発達障がいのお子様に何故、聴覚過敏の症状があるか原因はまだ解明されていませんが、世界的に精神疾患の診断基準として用いられているアメリカ精神医学会の『DSM』(『精神疾患の診断・統計マニュアル』)では、発達障害の自閉スペクトラム症の特性のひとつに、聴覚過敏が挙げられています。

しかし全ての人とは限られていません。またその日の体調によっても症状は様々。
レッスンでは排除できる音はなるべく切って、音楽など大きな音がなる場合は鳴らす前に声をかけるなどの工夫をしています。
また、少しずつ小さい音からチャレンジしていく場合もあります。それで克服出来るお子様もいれば自分が不快だと感じる時にイヤーマフなどを付けて対策している場合もあります。

このように周りの理解が必要となってきます。レッスン中にお友達がイヤーマフをしていると他のお子様が気になり集中出来ないこともある為、サポートメンバーは子供たちに説明する配慮も必要になる場合があります。

聴覚過敏そのものの治療法は、残念ながらまだ確立していません。聴覚過敏を引き起こしている疾患がある場合、まずその疾患を治療することになります。

対策としては原因となるものをなるべく減らしてあげる環境を作ること。それだけでもストレスは大分減ってくるようです。また先にも述べたように環境が調節できず、長い時間その場にいる必要がある場合は苦手な音を遮断してくれるイヤーマフを使用するのも一つの手です。(製品によって遮断できる音域が異なるので自分に合ったもの選ぶのが望ましい)

音を聞くためにある耳ですから本来の機能を壊さないように上手くイヤーマフとは付き合いたいものではあります。

レッスン現場では、
子供たちによって音に対する反応は様々です。
パニックになったりイライラしたりする事がありますので、そうした場合は1度落ち着ける場所に移動しストレスを取り除いてあげると安心し気持ちを切り替えることが出来ます。

現場でサポートする私たちは適切に対応出来る様にしていたいですね。


……………………………………………………………………………………………………………………………………
☆プレミアケアスクールではダンス介護予防指導士を育成するための講座を開講しています。座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。 

「ダンス介護予防指導士」とは文部科学省・スポーツ庁・厚生労働省後援の一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが発行する、ダンスも介護予防の新しい資格です。
JDACが主催する「ダンス指導研修会」と、プレミア・ケア・スクールの 「ダンス介護予防指導士養成講座」を受講することで、必要なステップを踏みながら指導のプロフェッショナルである「ダンス介護予防指導士」を目指し、学習を進めていきます。 

3月のダンス介護予防養成スクールは東京定期開催と集中講座(東京/福岡)です。

定期開催
今月の定期開催はお休みです。

集中講座
3月7日(土)@東京 basic 1
3月8日(日)@東京basic2/basic3
3月14日(土)@福岡(博多フィットネス会議室) basic1
3月15日(日)@福岡(博多フィットネス会議室)basic2&3

興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。 
03-5362-7136 
E-mail) 
school@premier-jr.jp

ダンスの資格を目指す!「ダンスと免疫力」

こんにちは管理人です。武漢からやってきたコロナウィルス、アメリカではインフルエンザが大流行だとか、ちまたのマスクは売り切れで手に入らず。
横浜のクルーズ船はまだ監禁状態…。
高齢者は人混みにはいかないようにとか…。
なんか気分も滅入ってしまいますよね。

こんな中、中国で新型肺炎ウィルスにかかった比較的症状の軽い人々のダンス動画が話題になっているのをご存知でしょうか?
武漢市の体育館などに設置された仮設病院の中で、新型コロナウイルスによる肺炎を発症した患者のうち比較的、症状が軽い人々がダンスをしています。他の場所では防護服を着た人とマスクをした女性たちが踊る姿もあります。病院側はダンスによって患者の精神的な負担を和らげ、免疫力を高めたいとしています。

なるほど確かに免疫力の最大の敵はストレスと言われています。閉じ込められた病院の中で鬱々としていたらそりゃあ免疫力も下がりますよね。なんとも勇ましい姿ではありませんか。
ダンスと免疫力アップって何かエビデンスないのかな?と思ってちょっと調べてみたら、ありました!
Dr.Ronny Enk氏は、「音楽を聴いて気分が良くなると、生理学的な変化が起こり、ストレスの軽減や免疫力アップにつながる」
と音楽が免疫力に及ぼす影響について発表をしました。
うんうん、確かにテンポの良い曲だと気分も上がりますよね。よく、クラシック音楽やヒーリングミュージックは自立神経を安定させるというようなことも言われています。
でも、馴染みのない人に取っては気分の上がるミュージック!やはりこれが一番ですよね。
そして、そんなに難しいステップを踏まなくても5分以上30分以内でリズムを刻み続けると神経安定伝達物質のセロトニンが出ると言われています。
人混みに行くのが怖くて家でじっとしているぐらいなら、お気に入りのノリノリの曲を2曲もかければまあ5分ぐらいはいってしまいます。

そういえば、ダイエットに効果的ということで「hands clap」も話題になってますよね。YouTubeですぐに調べられます。そんな動画に合わせてだったり、無理のない範囲でダンスに挑戦して楽しく免疫力もアップしていきましょう!
そして、免疫力をアップさせてこの冬を乗り切りましょう。管理人は花粉症がひどいのでマスク品切れはめっちゃ辛いです。買い置きしてあるのがなくなる前に来たる春に備えて、ダンスで免疫力をアップしていきましょう。
……………………………………………………………………………………………………………………………………
☆プレミアケアスクールではダンス介護予防指導士を育成するための講座を開講しています。座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。 

「ダンス介護予防指導士」とは文部科学省・スポーツ庁・厚生労働省後援の一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが発行する、ダンスも介護予防の新しい資格です。
JDACが主催する「ダンス指導研修会」と、プレミア・ケア・スクールの 「ダンス介護予防指導士養成講座」を受講することで、必要なステップを踏みながら指導のプロフェッショナルである「ダンス介護予防指導士」を目指し、学習を進めていきます。 

3月のダンス介護予防養成スクールは東京定期開催と集中講座(東京/福岡)です。

定期開催
今月の定期開催はお休みです。

集中講座
3月7日(土)@東京 basic 1
3月8日(日)@東京basic2/basic3
3月14日(土)@福岡(博多フィットネス会議室) basic1
3月15日(日)@福岡(博多フィットネス会議室)basic2&3

興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。 
03-5362-7136 
E-mail) 
school@premier-jr.jp

ダンスの資格を目指す!味噌でデトックスを!

こんにちは、管理人です。

皆さん2月と言えば味噌作りの時期だとご存じでしたか?

我が家では2年前からお味噌を作るようになりました。
そして毎日味噌汁を飲むようにしてから風邪がひきにくくなりました!

特に味噌にある酵素は解毒作用が強く、肌の代謝に重要なビタミンも豊富に含まれているのです。

さて、レッスンで子ども達に朝ごはんは何を食べてきましたかと質問すると味噌汁を飲んでいるお子様がとても少ないなと感じます。
昔は朝ごはんと言えばご飯に味噌汁が定番だったような気がしますが、今はバラエティにとんでいますしね。。

特に成長期のお子様には是非、1日1回お味噌汁を飲んで知らず知らずのうちに身体に溜まった毒素をデトックスして欲しいものです。

またお味噌を取ると体温も高くなり免疫力も高まりますのでウイルスや感染症など色々心配な今、お味噌は強い味方になってくれそうです!!


**************************************************

『ダンス療育指導士』とは
文部科学省・厚生労働省が後援する一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが発行する、ダンスと療育の新しい資格です。JDACが主催する「ダンス指導研修会」と、プレミア・ケア・スクールの「ダンス療育指導士養成講座」を受講することで、必要なステップを踏みながら『ダンス療育指導士』を目指し、学習を進めていきます。

プレミアケアスクールではダンス療育指導士を育成するための講座を随時開講。
座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。

ご興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。

03-5362-7136  E-mail) school@premier-jr.jp

3月ダンス療育指導士養成講座スケジュール

3/7(土)東京集中講座 @麹町会議室A

3/8(日)東京定期、集中合同講座 @麹町会議室A

3/22(日)愛知集中講座 @DANCE NATS

3/29(日)愛知集中講座 @DANCE NATS


ダンスの資格を目指す!クリエイティブなレッスンを!

こんにちは、管理人です。

皆さん、レッスンをこうしようああしようと日々勉強されていると思います。

様々な勉強が役立つ中で、「YES and」の考え方をベースに置くとレッスンが発展的になるのでオススメです!

これは演劇で使用する「YES and」の考え方です。

相手が言ってくれたこと、やってくれたこと、態度、表情全てに気付いて認め、そのアイデアに積極的に参加すること。

会話の中でただのYESマンにならない為に、「一緒に楽しく考えていこう!」と喜びの状態で何かのってあげると、想像もつかないようなクリエイティブなレッスンが結果的にできるかも知れません!

相手が言ったことを全て受け入れる事は中々難しい事ではありますが、意外に突拍子もない事でも受け入れてみると思わぬ方向に飛ぶ事ができ、新たな発見があります‼︎

この考え方は色んな事に応用が効くので日常生活にも役立ちます。

何より相手の話を良く聞かないと発展させられないため、「聞く力」がつきます。

そして相手を否定しないので前向きな話しを展開する事ができるわけです!

是非一度意識してみて下さい!


☆プレミアケアスクールではダンス療育指導士を育成するための講座を開講しています。

座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。

ご興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。


03-5362-7136

E-mail) school@premier-jr.jp

ダンスの資格を目指す!失敗は成功の元⁈

こんにちは、管理人です。
お子様たちを見ていて失敗を恐れている子が多いなぁと感じます。
結果ではなく過程が大切な事を伝えていきたいのですが、中々それを伝えるのが難しい。
人は人を変える事はできないからです。
子供であっても自分で気付きがないと中々一度身に付いてしまった概念を変えていくのには時間がかかります。
そして失敗を恐れるという事は自分に自信がないからです。
今ある自尊心を守る為に怖い事には必死で抵抗します。
大人と違いそこはとても素直に表現します。
ではその自尊心を守りつつ失敗してもいい事をどう伝えていけばいいのでしょうか?
その一つに指導者の私たちが失敗している姿を見せる事。
大人でも間違いはあるんだと感じてもらう事。
それにより恐れが少し減るのではないかと感じます。
これだけではありませんが、失敗を経験する事の大切さを伝えていきたいものです。
☆プレミアケアスクールではダンス療育指導士を育成するための講座を開講しています。

座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。

ご興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。


03-5362-7136

E-mail) school@premier-jr.jp

ダンスの資格を目指す!不安と期待の春

こんにちは、管理人です。
まだまだ寒いですがあちこちで春を感じる事が増えてきましたね。
春が間近に近づいてきています。
さて、春と言えば新しく環境が変わる時期。
特に卒業、進学の年にあたるお子様たちには大きな変化が待っています。
私たちも幾度もそれを経験してきていると思います。
環境についていけるかうまくやっていけるかなど不安や緊張からお腹が痛くなったり嫌な気分になったり。。。
様々な身体からの反応があると思います。
こういう時は特に心と身体は密接に繋がっているんだなぁとよくわかります。
さて子供たちにとっては初めての事若しくは経験が未熟な事ですから不安をとても大きく感じていると思います。
そして障がいによってはその何倍もの不安を感じとっている訳ですからそちらへのフォローがとても大切になってきます。
側にいる大人たちはしっかり子供たちの状態をキャッチして支援してあげたいものです。
先日レッスンでいつもと同じ内容を行なってはいたのですが内容を少しレベルアップしました。
その事でいつもと違うこと、いつものようにスムーズに出来ないことに動揺を覚えて自分の内に入ってレッスンに参加できなくなってしまいました。
反応は其れ異なりましたが一連を見ていると根本は同じ「不安」を「安心」に変えたい行為でした。
この時クラスに無理矢理戻そうとすると子供たちは更に不安になり手が付けられなくなったりしますので気持ちを汲んで自分のタイミングで戻れるように指導者にサポートしてもらいました。
2人とも自分のペースで戻ってくる事ができ結果的にここは安心できる場所だと感じとってくれた様子でした。
崩れたり症状が出ているのには何か原因があります。
そこをしっかりキャッチできるように指導者は沢山の引き出しを持っていたいですね。
☆プレミアケアスクールではダンス療育指導士を育成するための講座を開講しています。

座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。

ご興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。


03-5362-7136

E-mail) school@premier-jr.jp

ダンスの資格を目指す!自分基準で生きよう!

こんにちは、管理人です。
今の時代外からの承認欲求が強くなっている時代になっています。
《評価》ばかりが先立って自分らしく生きられていない人が多いのではないでしょうか?

発達障がいのお子様を指導していると自分に自信がないお子様が多くいらっしゃるなと感じます。
そして間違う事に凄く恐れを感じています。
症状が故のこともあるかも知れませんが保護者の方からの承認が足りてない場合も多いような気がしてなりません。
先日脳トレをレッスンに取り入れた際、間違ってもいいんだよー寧ろ間違えた方が脳トレに効果あるよと伝えたところあるお子様は間違えていいと言われることは責められているようで嫌だからやめて欲しい、間違えたくないと言って崩れてしまいました。
間違いは怖い事ではなく寧ろ沢山失敗を重ねて成長すべきだと思います。
そして他者基準で生きるのではなく自分基準で生きる選択が出来るように自信をつけてあげる事をレッスンでは心掛けたいなと改めて感じました。
自分で決めて考え行動できる事が本当の自由です。
そうしたら前回書いたように意に反するストレスも大分減ります。
小さいうちは保護者の方がいてくれますが大人になった時には1人で決めなくてはいけない事が増えてきます。
そんな時大人になってから戸惑うと苦労しますので子供のうちから自分基準で決められるように周りの大人はサポートしてあげたいものです。
でも気を付けなくてはいけないことは自由のはきちがえをしないこと。
何でもやって良いわけではなく社会ルールを守りながら自分らしく生きられる生き方を伝えていきたいものです。
☆プレミアケアスクールではダンス療育指導士を育成するための講座を開講しています。

座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。

ご興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。


03-5362-7136

E-mail) school@premier-jr.jp

ダンスの資格を目指す!ところでストレスって?

こんにちは、管理人です。
皆さんストレスって良く聞いたり使ったりする言葉ですが何なのか説明出来る方いらっしゃいますか?
ストレスとは《簡単に言えば自分の意と反する事をしている事》です。
仕事で自分の意と違う事をすると仕事がストレスになるし友達と話していて価値観が違えば友達と会う事もストレスになってきます。
正しく、自分の価値観が基準になっているのです。
ですので、子供たちが大人になって仕事をするときにやりたい事ができるように私たちは子供たちの自発性を大切に育ててあげると良いのではないでしょうか?
今は外から与えられる環境が多い世の中ですが、是非ダンスのレッスンなどを通して自発性を育くんでいくことを心掛けたいものです。
☆プレミアケアスクールではダンス療育指導士を育成するための講座を開講しています。

座学だけではなく現場で使える実技指導も行っています。

ご興味のある方はプレミア・ケア・スクール事務局まで、お問い合わせください。


03-5362-7136

E-mail) school@premier-jr.jp

- Powered by PHP工房 -

SNS
Twitter Facebook Instagram
Copyrights (c) 杉並区・世田谷区のリハビリデイサービス「プレミア・ケア」