プレミア・ケア『介護予防・エンタメ介護施設』エンターテインメント型リハビリデイサービス > ブログ

東京都新宿区四谷三丁目1-4 2F
会社概要事業内容ニュースブログ採用情報

HOME > 事業内容 > りはびり空間 プレミア・ケア > ブログ

「車も心もメンテナンス」

こんにちは、シニア事業部です。先週はオンラインでのアジサイツアーをご紹介しましたが、私たちはデイサービスなので普段は自社の車でお花見に行ったりすることもあります。

このようにデイサービスにとっては必需品の車。

高齢者は一般的に出不精と言われています。
(えっ?急に何?)

でも、本当にそうでしょうか?
ただの自然現象なのでしょうか?

歩くのが大変。
情報がないばっかりに興味が薄れていって、無気力になっていく。
どうせわからないと周囲から諦められてしまう。

そんな背景もあるのではと考えます。

だって、私たちのところに通っている皆さまはみんな元気。

みなさんを運ぶ車は移動手段としてだけでなく、日々の季節の変化を感じるツールとしても機能しているのです。

というわけで、今日は先日無事に車検から帰ってきた送迎車を簡単にご紹介します。

プレミアケアの送迎には8人乗りのミニバンの車両を使用しています。
スライドドアをあけると福祉車両専用のステップが自動で出てくるので、ご高齢のご利用者様も安心して乗り降りが出来ます。
高齢者になってくると小さな段差や些細なパーツが、転倒や怪我の原因になってしまうことがあります。みなさんに安心して使ってもらうためにもその辺りの整備は手が抜けません。

また、使用上の便利さだけでなく心のケアも忘れてはならない点です。
車に心のケア?不思議に思うかもしれませんね。


プレミアケアの送迎車の特徴としてはデイサービスによくある、
屋号などの装飾を行わない点です。

ご自宅前に「〇〇デイサービス!」と書かれた車に乗るのに抵抗がある…。

そんなお声に配慮し、あえて、屋号を入れませんでした。
会社としては宣伝にもなるし入れたいところですが、私たちはエンタメ介護を行なっている身ですから、ご利用者さまが気兼ねなく乗れることにも考慮したいのです。

そして、今の時期、誰もが気になる
「コロナ感染予防対策」

○各送迎終了後に除菌水による消毒作業。
○ご利用者様の乗車中も雨などが吹き込まない程度に窓を開けて換気。
○乗車人数制限
 以前は8人ご乗車頂くこともありましたが現在は、3人横並びにご乗車頂かないように
 1回の送で最大5人のご利用者様に限定させて頂いております。
 ちょっと大変ですが、すぐに2回目の送迎にお伺いさせて頂くように対応しています。

否応なしに、生活の変化は受け入れていかねばなりません。
でも、今後はきっとITやAIなども発達してくるでしょうから、そういった技術も取り入れながら人生100年時代を生き抜いていきたいですね。
どんな人間でも、やがては老いを迎え入れなければなりません。
そして、いつかは死にます。

誰の元にも訪れる真実です

でも、できるならなるべく健康で楽しく、最後まで生きがいを持って生きる生活を私たちは応援したいです。

うんうん。頑張るぞ!!

それではみなさま、今日も1日笑顔いっぱいの1日をお過ごし下さい。

「アジサイを観にオンラインツアー」

こんにちは。シニア事業部です。東京は梅雨入りして蒸し蒸しと暑いですね。
洗濯物も乾かないし、「あーもう!すっきりしたい!」と思う今日この頃の管理人です。

さて、そんな時は気分転換。先日の6/16にはいつも少人数旅行でお世話になっております、

「旅介」の東京トラベルパートナーズさんの新企画。

オンラインツアーで行く鎌倉長谷寺アジサイ路の散策を生中継

に参加してきました。
オンラインツアーの詳細はこちら


しかも、今回の中継リポーターには服を着ているとわかりづらいですが、おぼんに金色の蝶ネクタイ。芸人のアキラ100%さんが案内してくれました!
アキラ100%さんはこちらの方です。

流石、芸人さん!当たり前といえばそれまてですが、話しのプロ!
お話が面白いだけでなく、説明も上手で、聞いているこちらも本当に一緒に探索している気分になります。(笑笑)

アジサイの名所で有名な長谷寺ですが現在はコロナの影響で、入場制限が行われています。

1) 神奈川県に在住の方が長谷寺へ往復はがきを送付。
2) 午前、午後、各500名ずつの指定日時の入場券を抽選
3) 当選した人に通知が届く

これで、ようやく観に行けるそうです

また、長谷寺では翌年も綺麗にアジサイが咲くように1ヶ月を経過するとまだ綺麗に咲いているアジサイでも剪定してしまうそうです。

その為、今年も7月半ばまでしかアジサイを楽しむことが出来ないそうです。

詳細な日程は長谷寺で検索して下さいね。
長谷寺のホームページはこちら


さて、そんなプチ情報を教えて頂きながら、長谷寺の綺麗なアジサイを堪能させて頂きました。
プレミアケアでは半年に1度の日帰り旅行や介護タクシーを貸し切った少人数の旅行などたくさんの旅行を提供して参りました。

このコロナの影響でまだしばらくは、観光は難しいと思われます。

今回の様に、インターネットを使ったオンラインの旅や動画を使ったおうちで出来るレッスンなど、新しい技術も活用しながら新たな生活様式に沿ったサービスの提供を行なって参ります。

緊急事態宣言は解除されたもののまだまだ予断を許さない状況

でも、いろんな工夫をしながら生活を楽しんでまいりましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは今日も笑顔溢れる素敵な1日をお過ごし下さい。

シニア事業部6月より再開!!

こんにちは!シニア事業部です。
緊急事態宣言も解除されて、私たちプレミア・ケアも6月からご利用者さまの受け入れを再開しました。

私たちはデイサービスですので、ご利用者さまは介護認定を受けている方々です。
それだけに、感染予防対策もきっちり行なってまいります。

みなさんもご存知の通り、今回のコロナウイルスは高齢者や疾病のある方が重症化しやすいと言われています。

もちろん、当日具合の悪い方や来所に不安のある方にはご辞退いただいていますが、元気な方には「来たい」と言ってくださっているかたには安心して来所してもらいたいですからね。

というわけで、私たちは5月末からいろいろな準備をしてきました。
今日はその取り組みの方法をご紹介します。
シニア事業部の感染予防対策

1.ソーシャルディスタンスの確保

○プレミアケアではソーシャルディスタンスを確保する為に通常のレッスン時より
フロアを広く使い、距離を取ります。

2.スタッフの感染予防徹底

○出勤前、出勤後の体温検査の徹底。
○ご利用者様と接する機会の多いスタッフはマスクと、更にフェイスシールドを使用します。

3.換気の徹底

○窓を開けたり、サーキュレーターを新たに増設し、常に空気が動く様にしています。

4.消毒の徹底

○休業中に全店舗、施設内の全ての物に次亜塩素酸水による消毒作業を行いました。
日々の消毒も行います。

○送迎車はご利用者様が全員降りた度に次亜塩素酸水を噴霧、取手などは拭き取ります。
施設内の椅子や机、手すりなどは午前、午後のレッスンが終わったら消毒を行っております。

ご利用者様に安心してご利用頂ける様にスタッフ一同細心の注意を払い、消毒、感染予防を徹底しています。

正直、私たちも初めてのことなので不安はあります。

でも、やはり恐れていては何もできないのでやれることからしっかりと取り組んでいきます。

私たちの願いはご利用者さまに健康で文化的な生活をしていただくこと
家にこもっているだけでは認知症もすすんでしまいます人と会話したり、一緒に身体を動かすことは心の健康にもつながります。



ぜひ、安心してお越し頂ければと思います。

さて、それでは今日のおまけ。
お家でできる簡単肩こり解消運動をご紹介します。
6月から会社も始まり日常が戻りつつある方も大勢いらっしゃると思います。  

久しぶりのデスクワークに「肩が凝る」と感じた方は休憩時間などに試してみてくださいね。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

笑顔溢れる素敵な1日をお過ごしください。

高齢者向け「おうちトレーニング&脳トレ」

こんにちはシニア事業部です。みなさん、お元気ですか?

東京はまだですが、14日から緊急事態宣言が一部解除されましたね。
とはいえ、東京の街も夜がいつもより静かなだけで日中はなんら変わりがないような気がしていますが、みなさんの街はどうでしょうか?

都内も1日の感染者が50人以下になるなど、(最近では一桁の日もありましたね。)
少しづつでも収束しているのではと、管理人も希望を持っています。

自粛生活、鬱々としますよね。
でも、ネガティブなインフォメーションは脳機能にも悪影響を及ぼすので、あまり考えたくないもの。でも、現実的な問題から目を背けるのも違うし。

こういう時は
リフレーミングトレーニング。

ネガティブな出来事もポジティブな側面はないかと考え直して、ポジティブシンキングを育てましょう。
ポジティブシンキングとは簡単に言うと、

コップに水が半分しか入っていません。

A)あと、半分しか水がない。
と考えるのか、
B)あと、半分も水がある。
と考えるのか。

「ピンチはチャンスだ」

ではありませんが、同じ状況におかれていても考え方一つで次の行動が変わります
そんな柔らか頭を作るために!!

本日は脳トレワークをご紹介します。
プレミアケアが通所者さまに毎週お送りしているプリントからいくつかご紹介します。

脳トレチャレンジ 1
まずはクイズに挑戦!クイズはちょっと見方を変えないと解けないものがほとんどです。
通常とは違う発想で、発想力を鍛えましょう。

脳トレチャレンジ 2
こちらは間違い探し。人は外観を捉えて物事を判断しがちです。
細部にもしっかり注目してみましょう。
全部見つけられたかな?

塗り絵コーナー


絵を趣味にしている人以外、なかなか大人になってから塗り絵ってしないですよね。
でも、是非バカにせずにやってみてください。とてもクリエイティブな行為です。
やると意外とはまります。
さて、今日は3つご紹介しました。
何からでもいいので、是非チャレンジしてみてください。

何か目的を持って行動することは認知症予防にもとても効果があります。

1日の予定が何もないとついダラダラと過ごしてしまいがちですよね。
「何時から何時までは○○をやる」
と言う風な予定を立てるだけでも生活のメリハリは出てきます。
「何曜日に○○をやる」
と決めるのも効果的です。
家にいる時間を有効活用して、メリハリのある生活を心がけてくださいね。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
では、本日も素敵な1日をお過ごし下さい。

高齢者向け「椅子に座ってできるおうちトレーニングvol.3」

こんにちはシニア事業部です。
G.Wが過ぎてから暑い日が続きますね。30度近い日もあったりなどまだ梅雨も来ていないのに夏の気配。

流石にマスクを常用している日本人といえども夏にはしないよね。

安全に外出をする方法はないかな?と思い、「布マスクでもウイルスカット効果が期待できる方法」などを検索していたら…。

☆ストッキングなどをマスクの上から被り、マスクと顔の間に隙間をつくらない
→(被ってる姿が怪しそう…)

☆ネックウォーマーやバフなどでマスクの上から顔を覆う。
→(どう考えても暑いよね😵)

☆マスクの上からタオルで覆う。
→(うーん、昭和の暴走族?)

難しい…。マスクでどうこうしようというのは限界があるようです。
結局のところ自粛中にできることは

自己免疫力のアップ

これに尽きるようです。
自己免疫力に必要な要素

食事
睡眠
運動

今日は運動部分をサポートするべく、
おうちトレーニングシリーズ第三弾
「椅子ヨガ&筋トレ」をおおくりします。

こちらはプレミアケアの通所者さまにお家でも運動ができるようにと配布しているものです。

椅子ヨガ  前屈のポーズ
椅子に座っていたり、歩く事が少なくなると脚におくられた血液が心臓に戻ってこなくて浮腫んだりしますよね。隙間時間を見つけて、気がついたら身体を動かすという「ちょこっと習慣」
続けていきましょう。

椅子ヨガ  ヤシの木のポーズ
意外と日常で手を上にあげる機会ってないですよね。
でも、手を挙げることで横隔膜や肋骨まわりのの筋肉をほぐしてあげると、呼吸もしやすくなりますよ。

足の裏の筋肉刺激
足の裏には多くのツボが存在しており、大事だろうなぁとはみなさん感じているとおもいます。
しかしその反面意外と気にしてないのも足の裏。(見えないしね…)
それに足の裏は身体を支える土台です。しっかりした土台の上に身体を積み上げていきましょう。

腕の力をつけよう
バストアップに効果があるということで、管理人も昔一所懸命やってました。
腕の力と共に、胸筋も鍛えられるので体幹強化も期待できます。

いかがでしたでしょうか?

おうち時間が長いと運動が1番の課題ですよね。
運動しなくなるとお腹も空かないし、寝つきも悪くなってしまったりします。そして、人と話す機会も減りますので、唾液の分泌量も減り、免疫力も落ちてしまいます。

認知症をお持ちの方糖尿病を患っているかたは特に注意して、意識的に運動を行なってください。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。
今日も笑顔で素敵な1日をお過ごしください。

高齢者向け 椅子に座ってできる簡単ヨガ

こんにちは。シニア事業部です。



「stay at home」みなさんはどのようにお過ごしでしょうか?
先週アップした「おうちで簡単トレーニング」は実践していただけましたか?



管理人はせっせと自宅トレーニング頑張ってます(笑)



1人で黙々とやるのって、根気が入りますよね。そう思うとやはりリモートレッスンって「継続」ということを考えるのならば良いなと感じています。少なからず、みんなと励ましあったりできますからね。



継続のコツの1つとして、自分の行ったトレーニングを録画して誰かに見せるというのがあります。SNSとかやっている方は、チョコチョコアップしてみるというのも一つの手です。



誰が見てるかはわからなくても、知り合いが返信してくれたり、「いいね」してくれたりするとやはりモチベーションは上がるものです。



SNSなんて絶対いや。という方は、
自分のやっているところを録画して自分で見るだけでもOKです。
この記録するという行為は、習慣づけをしたいときにはとても有効です。




一時期、「レコーディングダイエット」って流行りましたよね。


ただ、食べたものを記録するだけというダイエット法です。


これも無意識に行っているものを意識的に行う方法です。



これを動きでやってみると…。




「あらやだ、こんなに猫背」

「すごいしかめっ面してる!」

「なんか動きがもっさり」

なんて気付きがあるかもしれません。


まずは自分で気がつき
「じゃあどうなりたい?」と自分に問いかけ、
イメージすることで、



なりたい自分に近づけます。


と信じてやりきりましょう。




さあて、今日は先週のお約束通り



「椅子に座ってできるヨガ」



をご紹介します。


ヨガで1番大切なのは「腹式呼吸」です。

この「腹式呼吸」をしっかり行うことで、イライラしたり落ち込んだりした気分をコントロールすることもできます。


ストレスが溜まりやすいこの時期に、1日 1回。
自分を見つめる時間を作ってあげてください。



では、今日も阿部先生とともにlet's try



「首のストレッチ」

「肩のストレッチ」




どうですか? できましたか?



うまくやろうとか考えずに、自分が心地よいと思うペースで行なってくださいね。

そして、できたらその様子を自分だけの為にでいいので録画して、見てみてくださいね。


気持ち良くできたときには、きっとすごくいい顔しているはず!!



それでは、今日も元気に健やかな1日をお過ごし下さい。



「高齢者向け椅子に座ってできる簡単トレーニング」

 こんにちはシニア事業部です。


いよいよ緊急事態宣言が全国に向けて発令されましたね。


確かに今できることは家にいること。どうしても外に出るときには3密を避けてマスクも忘れずに。

そして、何よりこまめな手洗い。家でも何かひと作業終わったらこまめな手洗いを心がけましょう。



 さて、いろいろ気をつけてもやはり長い自粛生活は身体が鈍るしできることは限られてくるし…。

管理人はいろいろな国のお料理にチャレンジしようと普段やらないようなひと手間かける料理なんかにも挑戦してます。

マスクを手作りしたり、リモートダンスレッスンやヨガのクラスも受けてみたり。

まあ、その気になればやれることはまあまああるのですが、やはり否めないのは運動不足


最近コロナ贅肉が気になり出してきました。



 てなわけで毎日地道に筋トレを始めることにしました。

1畳ほどのスペースでもけっこうホカホカ。
普段たくさん踊ってる私からすると大した量ではないと思えるのですが、バカにするなかれ。

今やっておくのと、やっておかないのでは全然違うのです。


 本当に言いたくないけど、歳をとってくると筋肉の落ち方も早くて1週間寝たきりなんかになったら歩けなくなってしまいます。
40代過ぎたら毎日の運動は必須です。

だから軽症であっても絶対にコロナなんてかかってはいけないのです。(もちろん不可抗力でかかってしまうのは仕方がないけれど、かかっても免疫力で少しでも跳ね返せるのが理想ですよね。)
 



 さて、やっと本題。



今日は「高齢者向け椅子に座ってできる簡単トレーニング」をご紹介します。
全ての動画は見ながら一緒にできる仕様になってます。


動画を見ながら阿部先生とlet's try!!!
 


「脚の曲げ伸ばし体操」




これは、太ももの大きな筋肉を強化するトレーニングです。
歩行にはもちろんのこと、つまづいたときに踏ん張る力にもなります。
そして、身体の中で最も使いやすく大きな筋肉なので、しっかり鍛えていきましょう。


「健康ゆすり」




これはいわゆる「びんぼうゆすり」です。
えっ?それだけ?と思うかもしれませんがやってみてください。けっこう大変です。

「肩甲骨ほぐし」




侮れない肩まわり。
これは肩こりの解消にも役立ちますし、肩の可動範囲を広げるのにも役にたちます。
そして、意外と知らない方が多いのですが、肩まわり、胸回りがほぐれるととても呼吸がしやすくなります。

これから何かのプレゼンテーションや発表など声を使う人も是非やってみてください。気持ちが落ち着いて声が出やすくなります。


「足首まわし」




言わずとしれた転倒予防。足にはたくさんのツボがあります。時には回したついでに、脚の裏やかかと周りをほぐしてあげるのもいいですね。


 さあ、今日はおうちでできる「高齢者向け椅子に座ってできる簡単トレーニング」をご紹介しました。

高齢者向きと書いてありますが、もちろん若い方がやってもOKです。


 自分の身体に無関心にならないことが健康への一歩かもしれないですね。
まだ自粛生活は続きそうです。



★次回はおうちでできる椅子ヨガをご紹介したいと思います。
チャンネル登録とgoodボタンもよろしくお願いします。



 ストレスに負けないように、コロナにかからないように、メンタルも強くして免疫力上げていきましょう。

それでは、本日も健やかな1日をお過ごし下さい。




春の簡単おうちエクササイズ!!

 こんにちは。シニア事業部です。4月になりましたね。2020年の頭には誰もこんなことになるなんて想像していなかったと思います。いつもならばお花見いったり、入学式のシーズンでもあるし浮き足立っててもおかしくない時期です。いつも通りの生活が送れないというのは確かにストレスでもありますが、ストレスを乗り越えると免疫力もアップすることが科学的にもわかっています。

 日本はロックダウンといっても、経済活動は維持されるわけですから、希望は失わず。正しく恐れて予防しましょう。

 さて、新年度を迎えるにあたってプレミアケア代田橋店を少しリニューアルしました!
ちょっとしたお部屋の模様替えやお掃除をしっかりするとやはり気分もスッキリ。ちょっとモチベーションもあがりますよね。

そんな効果も期待してか、LEDの照明を以前よりも増やす事で、より明るくしました。
照明が増えた事でカラフルな壁がより際立つ感じになりましたし、ビタミンカラーの壁の店舗に入るだけで元気がもらえます。アミューズメントパークに行った時のワクワク感になんとなく似ているような気がしています(笑笑)
プレミアケアのほとんどの店舗ではダンススタジオの様に大きな鏡が並びます。
 ここ代田橋のお店にも念願の鏡が設置されました!鏡ができた事でお店が広く見えます。もちろん、視覚的な効果だけでなく、ご自身のお身体をしっかり見ながらレッスンを受ける事で自分の身体の状態を確かめながら運動する事が出来ます。
「恥ずかしいから」といってみなさんあまりみたがらないのですが、あれだけの大きな鏡だとさすがに見ないわけにはいきません。ちょっとづつでも見続けることで自分の身体への意識はぐっとあがります。「あら!こんなに猫背」と思ったらすっと背を伸ばしたりなど、人はやはり意識するものなんです。

 そして、こんな時代ならではの「新企画!」
昨今の外出自粛要請を受け、ご自宅でお過ごしの時間が増えていると思います。
そこで、プレミアケアではご高齢の皆様が簡単に運動できる方法を紹介しています。

 その1つ目をご紹介します。
今回は椅子の背もたれを掴んでの片足立ちです。
片足立ちなんて必要?と思われるかもしれませんが人間は無意識に左右に重心を交互にかけながら歩行を行っています。しかし高齢者はこの行為がうまくいかなくて転倒してしまう事がよくあります。ですから、片足重心の感覚をしっかり身につけることはとても大切なことなんです。
片足あげて1分間で53分歩いたのと同じ負荷が掛かると言われています。
TV見ながら、考え事しながら?電話しながら?ながら運動出来ますが、転倒が心配なのでちょっとばかり身体に集中して取り組むことをお勧めします。

注意点としては
☆しっかり背もたれに捕まること。
☆無理のない範囲で行うこと。

これが重要です。限界までやらず、余力のあるうちに辞めて休憩して下さいね。
 ポカポカと暖かくなってきましたね。過度に心配してパニックにならないように。焦って混雑するスーパーへ行って、クラスターなどで感染してしまわないように。
心にも体にも春風をまとっていましょうね。

それではみなさまも素敵な1日をお過ごし下さい。

お花見シーズン

こんにちはシニア事業部です。

 先週末に東京の桜が満開と宣言が出ましたね。
プレミアケアでも毎年、この時期にお花見として桜を見にお出かけをしています。

 ウェザーニューズは3月17日、「第六回桜開花予想」を発表しました。今年のソメイヨシノの開花は、3月14日に1953年の観測開始以来、最も早い開花を記録した東京(靖国神社)からスタートしました。今後開花を迎える西・東日本の広範囲でも、例年(過去5年平均)よりやや早い~早い開花となる予想で、記録的な早さとなるところもありそうです。

うわー、今年は街が色づくのも早そう。1年の醍醐味「花見🌸」となるところですが…

 今年はコロナウィルス予防の為にお花見ドライブは中止とさせて頂きました。(残念…。)

 例年ですと阿佐ヶ谷店と代田橋店は中野駅北口から伸びている中野通りを哲学堂方面に上がっていくと約2キロに渡って桜のトンネルが続く桜の名所にドライブしています!
写真は昨年のお花見ドライブで撮った写真です。
 頭の上まで桜が咲いており、とっても綺麗なんです。また、毎年行われていた「中野通りさくら祭り」では新井薬師公園内に舞台が設置され、歌、和太鼓、踊り(フラダンス、エイサー、チアダンスなど)の催しが行われます。今年も4/3〜5で開催予定でしたが、残念ながら中止となりました。致し方ない事ですが残念です。

 お祭りはやってませんが、桜は相変わらず綺麗です。近くにお住まいの方は散歩がてらに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。そして、来年のお祭りに思いを馳せてみるのも悪くはないのではないかと思います。
オススメです(笑笑)
  さて、今年はお花見ドライブか断念となりましたのでプロジェクターを使って映像でのお花見をしています。阿佐ヶ谷店では某動画サイトにて東京都内の桜の名所12選を皆さまとお茶を飲みながら堪能しています。映像が綺麗過ぎてびっくりするのと同時に綺麗な景色に感動しています。
中々、外出するのが難しい今日この頃ですが、少しでも身体を動かす事で心も身体もリフレッシュされますのでぜひ座りながらでもできる運動をしてみて下さい。

 プレミアケアではいつもやっている椅子ヨガをおうちでもやってくださっている方もいますし、インストラクターが踊っている課題曲のダンス動画を見ながら踊っていると言ってくださる方もいます。(→うちのダンス動画は鏡映しで作っているのでそのままみた通りに踊れば踊れちゃいます!)

 コロナ、コロナで息苦しい時代ですがそれでも春はやってくる!手洗いなどの衛生にはもちろん気をつけるとして、濃厚接触にも気を配るとして…。でも、そこに塞ぎ込まず「まだやれることはある」「希望はある」と信じて行動することが1番の予防ではないでしょうか。
 やることやったら、不必要に情報を見過ぎないというのも必要かもしれません。春はすぐそこ!みんなで、この状態を乗り切りましょう。

それではみなさま。本日も健やかな1日をお過ごし下さい。

「Cats」発表会

こんにちは、シニア事業部です。皆さん、お元気ですか?

 前回ご紹介した「Cats」観賞会。今回は残念ながらコロナショックの影響で、キャンセルとなってしまいました。とても残念ですが、高齢者を多く抱えているデイサービスとしては、みなさんの健康を考えないわけにはいきません。今リスクをおかして決行することが、いいことだとは私たちには思えなかったのです。いろいろな選択がある中、私たちは観劇会中止を選びました。

 だって、健康であればまた行けるでしょう?元気に次の機会を待とう!
そう思ったんです。

 さぁてと、暗い話題は終わりにして、
2020年最初のダンス発表会はCATSの名曲「メモリー」です。

 コロナウィルスに負けるわけにはいきません。もちろん、今回のコロナ騒動をきっかけに通所を控えられた方もいらっしゃいますが、来られる方には最大限の注意を払っております。来所時の検温、手洗い、消毒。インストラクターのマスク着用。退所後の手すりや椅子の消毒、窓を開けての換気等。予防には最大限の注意を払い取り組んでいます。

 そんな中、今回もスタッフ手作りの衣装付きで、楽しく踊っています!
 CATSといえば、やはり「猫」ですよね。もちろん、猫耳も着けて頂いております。

☆ジェリクルソングより(劇団四季 ver)
「ジェリクル 我ら、ジェリクルキャッツ。
ジェリクル いつものぞむ
ジェリクル 誇り高く
ジェリクル やりぬくのさ
嵐が来る その気配を
見逃さずに 感じられるか
目を閉じても 迷わないで
行きつけるか 天上へも
そうジェリクル 我ら
ジェリクルキャッツ
ジェリクル すべてできる」

くー!いい歌だねえ。
やっぱり、目指すは「ジェリクルキャッツ❤️」猫になりきっております!
おっといけない。私たちが踊っているのは「ジェリクルソング」じゃなくて「メモリー」でした。

 「メモリー」という曲はバラードのスローテンポの曲なので見た目以上に表現が難しい曲です。

 アップテンポな曲であれば、次から次へと振りが移り変わるので、なんとなく踊れてる様に見えやすいのですが、スローテンポだと一つ一つの振りを丁寧に、そして繊細に表現しないとダンスにはならないので、とっても難しいんです。

 でも、メモリーを歌うのは年老いた娼婦猫。かつての華やかで、みんなの羨望の的だった自分が年老いて、落ちぶれている中でも圧倒的な存在感を放ちます。

 ダンスは若くて、バシバシ動ける人のためのもの。そう、思っている方も多いと思いますが、年を経てきたからこそできる表現というものもあります。

 皆さま、思い思いのジェリクルキャッツを精一杯、表現して踊っております。
この表現する力が生きるエネルギーです。

 それでは本日も笑顔いっぱいの素敵な1日をお過ごしください。
- Powered by PHP工房 -

SNS
Twitter Facebook Instagram
Copyrights (c) 杉並区・世田谷区のリハビリデイサービス「プレミア・ケア」