児童発達支援・放課後等デイサービス・放課後ダンス「プレミアケア・ジュニア」 > ブログ

東京都新宿区四谷三丁目1-4 2F
会社概要事業内容ニュースブログ採用情報

HOME > 事業内容 > プレミア・ケア・ジュニア > ブログ

「運動療育のプレミア・ケア・ジュニア」世田谷スタジオ ~春のライフチャレンジ・イチゴ狩りとスケート~

みなさまこんにちは!

世田谷店 肥田です。


今日はとてもいいお天気で、お花見日和ですね!

場所によってはもう散ってしまっているところもあるかと思いますが

桜はなくても、外に出てピクニックなんて、素敵ですね☆


肥田は、半分葉桜の状態の、ピンクと緑のコントラストが好きなので

散りかけのころに自宅近くの神田川沿いを散策しようと思っています♪

先日29日に、第6回ライフチャレンジを開催いたしました。


ライフチャレンジとは、小学校高学年~高校生のお子様を対象に

公共交通機関での外出、外出時のマナー、お金の使い方などを練習するプログラムです。

世田谷店では年に3回程度開催しており、観劇や外出、体験プログラムなど

勉強をするとともに「楽しい!」を体験できるものを考えて企画をしております。


今回はイチゴ狩りとアイススケート(๑´ㅂ`๑)


まずはスタジオ最寄の桜新町駅まで向かい、電車に乗って仲町台へ。

歩いている最中も道のどちらに寄って歩くか?交差点の確認は?と指導員が声をかけたり

駅に着けば、ICカードのチャージや、自分達がどの電車に乗って、どこまで行くのか?

いくらかかるのか??何分の電車に乗るか?を確認します。

イチゴ1

ハウスの中は貸切だったので

皆思い思いにイチゴを食べていきます。

ミツバチが飛んでいて怖がる子もいましたが

「怖がらせないように、優しくね」を約束に

皆でおなかいっぱいになるまで食べました。

いちご2
スケート3

次は新横浜に移動してアイススケート!

フィギュアスケートの練習をしている人がたくさんいて

スピンやジャンプに皆の目がきらきらしていました。

さて、自分達は…??

ぐらぐらするスケート靴に皆苦戦しましたが

歩き方、立ちかたを練習して、いざ氷の上へ!

スケート1

みんなで壁を伝うことから始めて、少しずつ練習…



周回を重ねるごとに滑り方が上手になっていきます୧꒰*´꒳`*꒱૭✧


スケート2

1時間程滑って終了!

いつもと違う筋肉を使ったからなのか、体が痛い…ヾ(・ω・`;)ノ

みんなは「楽しかった!!」と笑顔でした。

行きはがんばって立っていた子供達も

帰りは流石に疲れたのか、空いている席を見つけて座って帰りました。

今回は初のスポーツ系チャレンジとなりましたが

お子様達も、スタッフも本当に楽しんだ一日でした!


次回はGWごろの開催を予定しております。


お疲れ様でした。o*・♥๑´ ³`)ノ♥

category: 世田谷スタジオ

「運動療育のプレミア・ケア・ジュニア」西荻窪スタジオ ポカリダンスイベント 開催!!!

皆さん こんにちは


西荻窪店です。


桜が咲き始め、花見をしている人をちらほら見かけます。


少しづつ暖かくなり、寒さの峠を越えた今日この頃皆さん調子はどうでしょうか?


無理なさらずお過ごしください。


さて、本日はダンスの歴史のお話をすることは1度置いといて~

本日、3月25日はポカリダンスイベントでした。


妙正寺体育館を借りて13:00~15:00まで行いました。


総勢で100人は超える大人数で踊りました。さらに、大塚製薬の関係者も来られ、お子様にポカリスエットをプレゼントしてくれました。


何回も撮影をし、プレミア限定公開と全国公開に分けて10回程度踊りました。


今回の趣旨は楽しんで皆で踊る事で、皆さん本当に楽しく踊っていました。


さらに大塚製薬から熱中症対策講座を約10分ぐらいしていただきました。


またこのようなイベントがあれば面白いですね~


ではまた来週~

category: 西荻窪スタジオ

「運動療育のプレミア・ケア・ジュニア」世田谷スタジオ ~想像力を働かせる~

ブログをご覧の皆様、こんにちは!

世田谷スタジオ 肥田です。

三寒四温とはよく言ったもので、着る服に困る毎日です。

花粉症や体調不良の方もいらっしゃると思いますが、お体ご自愛くださいね!


肥田は先日沖縄にふらりと出かけまして、一足先に春を味わってきました(*´∨`*)


さて、春といえば皆さん何を思い浮かべますか??

桜?雪解け?卒業・入学…??いろいろ思い浮かべてしまいますね。

今月のPCS(英語レッスン:PremierCommunication and Social)のテーマは、「春」!!

春の単語を勉強していると、日本とアメリカの春の違いを感じるレッスンでもあります。

IMG_5062

先日のクラフトタイムでは、春になると多く見かける「ちょうちょ」を皆で作りました♪


どうですか??独創的でとっても素敵!!


今にも飛び立ちそうなちょうちょばかりですねヽ(*´∇`)ノ

PCSレッスンでは、英語をツールとした療育を行っております。

ただ英語を覚える・勉強するだけでなく、楽しみながら英語に触れられるレッスンです。


現在キャンセル待ちとなっておりますが、見学はいつでもお待ちしております( ´ー`)⊃⊂(´ー` )


category: 世田谷スタジオ

「運動療育のプレミア・ケア・ジュニア」西荻窪スタジオ  ~ダンスの歴史 パート6~

皆さんこんにちは


西荻窪店です。


気温が少しずつ上がってきたと思ったら、昨日、本日と寒かったですね~

気温は6~7℃ぐらいでした。(ヒートテックはいらないかなと思ったところなんですが・・・・)


花粉が強烈に来ています。(私は目がやられています)




マスクやメガネをかけるなど、花粉対策をしてください。




 西荻窪店は先週に続き、フォーメーションから縄跳びをするところまでしています。




また、発表会に向けて新たなダンスを取り入れています。楽しみにしておいてください。




 




では、今週も行きますよ~




ダンスの歴史 パート6です。




今回ご紹介させて頂くダンスは、HOUSE(ハウス)ダンスです。ではどうぞ~




HOUSE DANCE (ハウスダンス) とは、基本的にいわゆるディスコでかかっていた音楽を元に発展したクラブミュージック”HOUSE MUSIC(ハウスミュージック)”に合わせて踊るダンスです。




主に、速めのテンポに合わせて流れるような素早い足裁き(ステップ)やフロアワークが特徴です。




NYのダンサーたちがハウスミュージックに合わせて、ヒップホップ、ブレイキン、カポエイラ、サルサ、バレエ、アフリカン、タップなどなど様々なジャンルをフリースタイルで踊っていたのが起源とされ、またそれらのダンスをミックスすることによって出来上がってきたダンスといえます。




ハウスダンスは、「ヒップホップ」、「ロッキング」、「ポッピング」、「ブレイキング」などと並んで、ストリートダンスの代表的なのものの1つです。




 ハウスダンスの特徴として、自分で体をコントロールするというよりは、どちらかといえば音楽そのものが体をコントロールするスタイルのダンスであるとも言われます。

このことから、ハウスがよりフリースタイル的踊りであり、よりスピリチュアルなダンスであるという見方もあります。




90年代に入るとニューヨーク出身のハウスミュージックのプロデューサーが沢山活躍するようになり、91年、92年頃はハウスミュージックがメジャーシーンでも大流行し、アメリカ全土に広まりました。




そして、同じくしてハウスダンスも広く知られるようになります。




 つまり90年代にこのハウスダンスの認識が完成したともいえるでしょう。




ダンスを調べれば調べるほど楽しい~ですね。 興味をがある方は、YouTubeで調べてみてくださいね! 




では、次回もお楽しみに~



category: 西荻窪スタジオ

「運動療育のプレミア・ケア・ジュニア」西荻窪スタジオ  ~ダンスの歴史 パート5~

こんにちは


西荻窪店です。


暖かくなりつつ、桜の芽が咲き始めた頃ではないでしょうか?


花粉も飛んでいますので、マスクの着用をし花粉対策をしておいてくださいね。


本題に入る前に西荻窪店の進歩状況をお伝えします。


現在は、ポカリダンスを主にレッスンをしています。床に手を付いて立ち上がるフロアー技、立っている時から瞬時に座ってまた立ち上がるといった技は初めてとお聞きしています。当初は曲のリズムにのってついていくのが必死でしたが、今ではリズムに乗り仕上がりも万全な状態まで来ることが出来ました。(因みにブレイクダンスの技のような物です) 

また、フォーメーションを取り入れています。お友達と協力し合い、配置の入れ替えを行うレッスンです。お友達と協力し合いながら日々頑張っています。

また、新たな曲も取り入れ練習中ですので楽しみにしておいてくださいね。


では、お待たせしました。本題のダンスの歴史パート5です。今回はヒップホップダンスです。ではどうぞ~

ヒップホップダンスとは?

定義をするのが最も難しいジャンルである。時代によって様々なスタイルが存在する。一般的にはヒップホップの文化から発生したダンス、ブレイク(BREAKIN)、ポップ(POP)、ロック(LOCK)等といったジャンルをオールドスクールとした時に、ニュースクールと呼ばれているものが世間一般でいうヒップホップダンス。その中間をミドルスクールとも呼ぶが、これは日本人独自の分け方で、海外ではニュースクールかオールドスクールで分類することが多い。ランニングマン、ロジャーラビット、ロボコップ、ブルックリン、トゥループ等の代表的なステップがある。

ヒップホップダンスの歴史

NYのアーティスト、テディー・ライリーが中心となって1980年代後半、大ブームを巻き起こした音楽スタイル、「ニュージャックスイング」以降、それらのステップを取り入れ、ニュージャックスイングよりテンポの遅い当時のヒップホップミュージックにのせて踊り始めたのが発端と言えるだろう。


つまりは、全てはヒップホップの文化から始まりその中で、様々なジャンルが確立されたという事ですね。全てはヒップホップから始まった これはすごいですねー もはやヒップホップは生活の一種といっても過言ではないのでは?

因みにオールドスクール(1970年~1980年)、ミドルスクール(1986年~1992年)、ニュースクール(1992年以降)というのは時代の事です。

ヒップホップを探れば奥が深いですね~


それではまた次回までお楽しみに~


category: 西荻窪スタジオ
SNS
Twitter Facebook Instagram
Copyrights (c) 杉並区・世田谷区のリハビリデイサービス「プレミア・ケア」