ダンス療育指導士・ダンス介護予防指導士育成スクール「プレミア・ケア・スクール」 > ブログ

東京都新宿区四谷三丁目1-4 2F
会社概要事業内容ニュースブログ採用情報

HOME > 事業内容 > プレミア・ケア・スクール > コラム

療育の資格を目指す!豆知識編「演劇×療育」



管理人です。

本日はプレミア・ケア・スクールのもう一つのカリキュラムである「演劇療育」について


<演劇療育プログラムとは?>

右脳・前頭前野を使う療育プログラム。自ら考えて動くことで脳を活性化させ、他者と関わるコミュニケーション能力を養い、場面に合わせた日常会話の習得を目指します。

演劇の中で、自分・相手と向き合うことで、ダンスとは別に自己表現力や気持ちを読み取る力の向上を図り、仲間と目標に向かって取り組むことで、集団行動の習得、新たな生きがいとなる事を目指していきます。


<なぜやる?>
現代において、他者との関わり方や距離感を学ぶ機会、遊びを通してのコミュニケーション獲得の機会が減ってきています。また、日々生活していく中で、コミュニケーションを取る際に正解ばかりを求められ、失敗をして良い場が減り、試せる場や良い悪いの取捨選択を学ぶ機会が減ってきているのが現状です。

この演劇療育プログラムでは、様々なシチュエーションを意図的に作り、疑似体験の中でコミュニケーションスキルを学び、実生活に活かしていけるように進めていきます。


お子さまの成長と成功体験・達成感を重ねることを念頭に置き、スモールステップで訓練していきます。様々な社会の場面に適応できるように「継続」して「訓練」することでコミュニケーション能力と感情表現を養っていき、最終ゴールとして社会的な自立を目指していきます。


<内容>
テレビドラマ監督の中野昌宏(なかのまさひろ)氏を監修に招き、演劇を通じて真意に取り組む姿勢・意識・技術を学びます。また、演劇の技術だけでなく集団生活や集団行動を行っていく上での規律や規範を訓練していきます。演技が初体験の方も、個々の成長と成功体験を重ねていける様に進めていきますのでご安心ください。
勿論、監督からの直接指導もございます。

20170902_153904
感じる→気付く→考える→実践する
 

<主な目的と狙い>

・相手の気持ちを読み取る、または想像し言葉をかけることや行動が出来る


・言葉を渡す・受け取る(待つ)・渡すという会話のキャッチボール


・シーンやTPOに合わせた言葉や行動の選択(学年、行事、年齢、性別、関係性)


・感情の開放と抑制


・表情筋・発声の向上(相手に声・気持ちを届ける)


・ノンバーバルコミュニケーション(非言語コミュニケーション)


・文字を読む事への苦手意識の克服・文字を読む力の向上



演劇コースとは?

プレミア・ケア・スクールの「演劇コース」は、世代・障がいを問わず舞台公演を1つの目標とし、演技に大切なコミュニケーション能力の向上・新たな生きがい・やりがいを目的としています。

演技と言うと一般的には、セリフを覚える事だと認識されていると思いますが、セリフを覚えれば演技が出来た事にはなりません。

自分の思いを相手に伝える。そして話を聞く。それに対してリアクションを起こす。

演劇を通じて気持ちのキャッチボールが出来るようになること・お互いのことを理解出来るようにすることが演劇コースの狙いです。

勿論このコースでは、一般のお子様や大人、高齢者・障がいをお持ちの方も参加可能です。


<方針>

コミュニケーショントレーニングの場として位置付け、定期的に公演を行っていき将来的にも継続した「やりがい」「生きがい」そして「働いて対価を得る大切さの獲得」に繋げていく事を目指していきたいと思います。

もちろん、いきなり難しいことは行わずまずは楽しい・もっとやりたいという心を育みながら、スモールステップで成功体験を重ねていけるようなプログラムになっております。もちろん、いきなり難しいことは行わずまずは楽しい・もっとやりたいという心を育みながら、スモールステップで成功体験を重ねていけるようなプログラムになっております。

随時体験・見学も行っております。

ご興味ございましたら是非お問合せください。



20170902_153739
category:

4月15日 演劇コースの一日

image2

いま、演劇コースの生徒達は8月のプレミアケア フェスに向けて、汗をかきながら猛特訓中です!!
劇中で踊るダンスでは男の子はかっこよく、女の子はかわいらしく踊るパートがあり、この日始めて振り落としされたダンスに生徒達は目を輝かせながら練習していました。
実はこのパートは選抜メンバーになるそうで、、。
時に仲間で時にライバル、そのような環境でみんな集中して頑張っておりました。
お芝居では、一人一人が自分のもらった役に一生懸命演じようとしていて、台本は渡されずにストーリーの流れだけを把握して自分たちでセリフを作っています。
その時の感情をそのまま言ってみたり、受けてみたりと彼らなりに毎回考えてレッスンに励んでいるのだなと日々、感じております。

成長していく姿に私たちも驚く毎日です。

仲間と作った作品がこれからどんな風になっていくのか楽しみですね。

image1
category:

ダンス介護予防指導士養成講座スタート致しました。

こんにちは、管理人です。


4月1日からダンス介護予防指導士養成講座がスタートし、第一回目の講座を終えました。

丁寧な解説と質疑応答により、座学と実技どちらも理解を深められたようでした。


本日の講座は、高齢者に関わる法律や歴史について学び、年代ごとの高齢者の状況をふまえた上で、国や市町村の援助や介護保険についての現状を理解し、「 介護予防」が今なぜ必要なのかを理解し、介護予防の目指すところを明確にすることで、ダンスを通じて指導者が高齢者とどのように接したらいいのか、体操とは違うダンスならではの介護予防の良さについて学びました。


実技講座では、高齢者も行えるストレレッチを実践したり、現場で行われているダンスを体験したり、受講者の方が高齢者の方向けに実際に振付を作ってみるなど、ディスカッションをしながら進めることでとても有意義な授業内容となりました。


決められた長さの中で、

・どのようなイメージを持って何を表現したいのか、

・ご自身で作った振付の目的を明確にし、模擬指導を行うことでどのように伝えたら高齢者の方が分かりやすいか、

・個人差のある高齢者に対してどのように進めていくか

など、ダンス介護予防指導士としてのスキルを習得していただきました。


その後の指導力養成講座では、身振りや言葉で伝えることの難しさを体験することでその大切さを確認し、指導するということ、伝えるということがどういうことなのかを学びました。


指導者としての心の持ちよう、伝え方、考え方など高齢者の方に限らず、指導するという立場で人と関わる全ての時に意識するべきことだと思いました。


まだ開講したばかりですが、今後さらにダンス介護予防を広められるよう努めて参ります。



ありがとうございました。


5月は、定期講座と東京集中講座を予定しております。



category:

療育の資格を目指す!豆知識編「主な発達障害とダンスにおけるリズムタッチの効果」

こんにちは、プレミア・ケア・スクールです!!!


皆様は発達障害と聞いてどのような症状なのかと思ったことはありませんか?


メディアでも最近よく取り上げられ一般的に知られるようになった発達障害ですが、どんな症状かまでは認知されていないのも現状です。

【発達障害とは?】
発達障害とは、子どもの発育期に発見され、その人の一生をわたって継続する障害です。生活する上で様々な支障をもたらします。
一見してとても分かりづらいことから「自分勝手」「空気が読めない」「わがまま」など、他人からはなかなか理解されない傾向でもあります。発達障害は脳機能の障害のひとつだと言われており、しつけや教育が原因ではないのです。


発達障害といっても様々な種類がございます。

自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群といった広汎性発達障害や注意欠陥多動性障害(ADHD)、ダウン症、学習障害(LD)、また障害名がはっきりしない場合もあります。


【主な発達障害】
①自閉症
《特徴》
・対人関係の形成の困難
・言葉の発達の遅れやコミュニケーションが乏しい
・興味関心が狭く、特定のものごとへの異常なこだわり

また、独特の感覚過敏が見られる場合があり、特定の音や味、におい、肌触りを極端に嫌い、それに触れるとたちまち感情の混乱を起こすことがあります。逆に転んでけがをしても痛がらないなどの痛さを感じない症状も見受けられます。
自閉症は7~8割は知的障害を伴いますが、残りの2~3割は知的な遅れがないこともあります。こうした自閉症は高機能自閉症といいます。

知能・言語の発達に遅れはありませんが、対人関係のコミュニケーションが難しかったり、空気が読めないなどの症状にアスペルガー症候群があります。アスペルガー症候群と高機能自閉症は、症状の特徴は非常に似ています。


②注意欠陥多動性障害 (ADHD)
《特徴》
・不注意(集中力がない、気が散りやすい)
・多動性(落ち着きがない、じっとしてられない)
・衝動性(考える前に行動してしまう、行動コントロールが難しい)

小さな子供だと誰にでもあることなので、周りからは障害と理解されづらく、ただ空気が読めない子、うるさい子、すぐに乱暴を振るう子や親のしつけができていない子と判断されることが多いです。


③ダウン症
《特徴》
・運動能力が低い
・理解が遅い
・自己中心的な情緒傾向

ダウン症の子供たちは全体的に筋肉量が少なく、筋緊張が低いため、疲れやすかったり、歩行やつかまって歩くことができるまで時間がかかります。運動発達がゆっくり発達していくことが多いと言われています。
また、心臓や消化器官系の合併症を伴う可能性が多いとされています。
気持ちの切り替えが難しいことが多く、1人でその場にいてしまうこともあります。


【ダンスと療育!】
プレミア・ケア・スクールでは、そんな子どもたちにダンスを通して、社会性や自主性を培い、機能を高め、社会的自立生活に困らないようにサポートしていきます。

 発達障害の子供達の中には運動が苦手な子たちが多いです。運動というのは、実は単純なものではありません。

ボールを渡す1つの動作でも、相手のどこに投げていいかわからない、距離感が掴めない、力加減がわからないといったことがでてしまいます。
相手を見る、どこまで腕を伸ばすか、どのくらいの力を加えるのかそういった判断を私たちがサポートしていきます。 

今回はダンスについて説明致します。 
《ダンスが脳を変える?》
ダンスレッスンではただ体を動かすだけではなく、大小・早い遅い・強弱・緊張と緩み(集中・開放)などの感覚と感情(イメージ(例えば、クロール・背泳ぎ)などをさせて体を動かす)を動員して体を動かします。イメージしながら体を動かすとたくさんの筋肉が使われます。


感覚を刺激することで、脳は活性化します。


社会生活を送る上で、自分の感情や行動を制御したり、目標に向かって自分自身で考え、順序を立てて行動する能力が培えます。
また、友達や指導員と楽しい時間を共有し、ダンスをすることで集団行動ができ、コミュニケーション能力の向上、表現力豊かになっていきます。
なにより、楽しくダンスしてほしい!!

《リズムタッチが与える効果》
実は一定のリズムに合わせて動くことができなかったり、手と足、手と目、手と手など個別の動きを一緒に動かすのが難しかったりする子がいます。先ほど上記で説明したボールを渡すことも一緒です。このような動きを協調運動といいます。
発達障害の子供たちはこの協調運動が苦手です。

ですが!
リズムタッチをすることによって、まず自分の体を認識できます(ボディーイメージ)。自分の頭どこ?肩はどこ?膝、つま先はどれになるのだろうか。
また、一定のリズムを刻み反復して行うことで、セロトニンが活性化し、不安や緊張を取り除き、自律神経のバランスを整えます。

イライラしてしまうのを抑えるなど。


セロトニンとは、心のバランスを整える作用のある伝達物質で、セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れて、暴力的になったり、うつ病を発症すると言われています。


そして、新しいリズムを覚えることで脳内の運動システム・注意システムが働き、鍛えられます。

このようにたくさんの効果がリズムタッチにはあります。
自閉症やADHDの子が落ち着いて周りと同じリズムでみんなで合わせられるようになったり、指導員をしっかり見ながら集中してリズムに乗れたり、集中力がなかった子や乱暴だった子が全部のメニューに取り組めたというケースが多々あります。

リズムタッチ以外にも発達障害の子供たちが楽しくダンスをできるように、1人1人の子どもにあったメニューを日々作成しています!! 

category:

【ダンスと介護予防の関係】~第1章~

ダンス介護予防指導士チラシ写真素材

こんにちは!!管理人です!!!


いよいよ4月1日より「ダンス介護予防指導士」資格取得のスクールがスタートします。


ダンスと介護予防?


あまりピンとこない方も多いのではないでしょうか?


そこでまずは弊社で既に行われている「エンタメ介護」の中のダンスプログラムについてお話させて頂きたいと思います。


要介護認定者のご利用者様にとって、「リハビリ」とはある意味大変ツライことです。


ゴールの見えないリハビリの継続に疲れ、途中でリタイアしてしまい、廃用症候群になって更に悪化する可能性もあります。


そんな大変なリハビリをどうすれば継続できるのかを自問自答していくうちに、ふっと学生時代にのめりこんでいた「ダンス」を思い出しました。


時間も忘れ夢中に練習し充実した時間


出来ない技が出来るようになった時の喜び


素晴らしいダンスを見た時の高揚感


そして何より仲間と一緒に踊り、沢山のお客さんの前でパフォーマンスをした充実感が今も鮮明に覚えています。


そんな経験から、「楽しい事は継続できる」と言う考え、

リハビリプログラムにエンターテイメント要素「脳リハダンス」を入れる事に挑戦致しました。


「脳リハ」とは、脳のリハビリのこと。


脳の衰えを防ぐには[身体を動かすこと]と[刺激]が大切です。

特に普段やらない動きや新しいことにチャレンジすることが脳に刺激を与え活性化させると言われています。

ダンスはただ身体を動かすだけでなく、音楽に合わせて表現をし、感覚・感情を刺激することで脳を活性化させます。


しかし、普段やらない事を行う為、なかなかうまくできない事もあると思います。

なんでもそうですが初めてのことは、そう簡単に出来ません。簡単に出来た事よりも試行錯誤しながらチャレンジをしている方が脳にとってはトレーニングになっているのです。


間違ってしまっても「笑ってごまかせる方がいいし、沢山間違えて笑いましょう」


何よりダンスは世代や国籍を超えて全ての人と共有できるものです。


そこで楽しみながらダンスに取り組んでいく中で新たな生きがい・やりがい、

日常動作の維持・改善そして、身体機能の予防を促していき、QOLの向上に繋げていくことを目的としています。


ダンスプログラムを始めて早8年。


ご利用者の方々からは沢山のお声を頂いております。


お客様の声①

若い頃にタップダンスに憧れていたがこの年になってやり始められるとは思わなくて嬉しかった。 音に合わせて自然に身体が動くようになり楽しくなってきてタップシューズを履いてやってみたくなった。今までは外出したりはほとんどしなかったけど、タップダンスを始めてから歩くのが楽になったし 今では歩くのが楽しくなって歩けば歩くほど 次にタップダンスをやった時にステップを踏みやすくなって歩くことでタップダンスがより楽しくなったよ~。


お客様の声②

若い頃から体育など身体を動かす事が特に苦手で、大嫌いでした。その中でプレミア・ケアに通所するようになり、最初は苦手なダンスを自分が本当に出来るのか、不安の方が大きかったのです。ですが、先生がゆっくり丁寧に教えて下さるので、焦らず自分のペースで取り組む事ができ、今ではとてもレッスンが楽しみになっています。また、ダンスの中でも自分の苦手な分野がわかり、少しづつ克服できるよう、日々頑張っています。



介護予防も楽しく継続して続けられるように。

新しい生きがい・やりがいに繋げていく第一歩を創る担い手として

「ダンス介護予防指導士」資格が2018年4月よりスタート致します。


『ダンス介護予防指導士』とは、文部科学省・スポーツ庁・厚生労働省後援の一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが発行する、ダンスと介護予防の新しい資格。


ダンスを通じて、認知機能、運動機能そしてコミュニケーション面から社会生活を営む能力をサポートしていくプロフェッショナルです。



JDACが主催する「ダンス指導研修会」と、プレミア・ケア・スクールの「ダンス介護予防指導士養成講座」を受講することで、必要なステップを踏みながら指導のプロフェッショナルである『ダンス介護予防指導士』を目指し、学習を進めていきます。


お問い合わせ先はコチラをクリック





category:
SNS
Twitter Facebook Instagram
Copyrights (c) 杉並区・世田谷区のリハビリデイサービス「プレミア・ケア」