ダンス療育指導士・ダンス介護予防指導士育成スクール「プレミア・ケア・スクール」 > ダンス介護予防指導士とは

東京都新宿区四谷三丁目1-4 2F
会社概要事業内容ニュースブログ採用情報

HOME > 事業内容 > プレミア・ケア・スクール > ダンス介護予防指導士とは

『ダンス介護予防指導士』とは

ダンスと介護予防の新しい資格「ダンス介護予防指導士」

『ダンス介護予防指導士』とは、文部科学省・スポーツ庁・厚生労働省後援の一般社団法人ダンス教育振興連盟JDACが発行する、ダンスと介護予防の新しい資格です。
JDACが主催する「ダンス指導研修会」と、プレミア・ケア・スクールの「ダンス介護予防指導士養成講座」を受講することで、必要なステップを踏みながら指導のプロフェッショナルである『ダンス介護予防指導士』を目指し、学習を進めていきます。

近年、介護を必要とする高齢者が急増しており、介護状態になる方の約40%は「脳疾患系」の病気が原因と言われています。
ダンス介護予防士は、ダンスを通じて、認知機能、運動機能そしてコミュニケーション面から社会生活を営む能力をサポートしていくプロフェッショナルです。ダンスの基礎的なトレーニング方法である「アイソレーション」を用い、身体の各部分を単独で動かす事で脳の前頭連合野にある「運動野」「体性感覚野」に刺激を与え認知機能の予防を促します。また、音楽に合わせて身体を動かす事で脳を活性化させ血流、脳内分泌液やシナプスを活性化させるという考えに基き、日常動作の維持・改善そして、身体機能の予防を促していきます。
何より楽しみながらダンスに取り組む事で新たな生きがい・やりがいに繋げていきます。

介護予防とは

介護予防とは、「高齢者が出来る限り要介護状態に陥ることなく、健康で生き生きした生活を送れるように支援すること(介護予防)」とされ、目指すものは「高齢者本人の自己実現」あるいは「生きがいを持って自分らしい生活を創る」ことへの支援であります。その為に、「心身機能の改善」を基盤として「生活行為」や「参加」などの生活機能全般を向上させることが最も重要なポイントとなってきます。高齢期の健康と生活機能の維持のためには、疾病の予防や治療の管理だけでは不十分で、加齢に伴い出現する「廃用症候群(生活不活発病)」や「老年症候群」といった、さまざまな日常生活における障害や危険な老化のサインを早期に発見し、早期に対応する必要があります。

『ダンス介護予防初級指導員』

ダンスを通して高齢者の方々の生活の質(QOL)をサポートする基本資格となります。
<取得方法>
ダンス介護予防指導士養成講座「BasicⅠ」を受講

認定ダンス指導員資格(初級)を取得 (※どちらも試験なし)

『ダンス介護予防2級指導員』

介護現場においてサポートや支援員として活躍する方向け。
<取得方法>
ダンス介護予防指導士養成講座「BasicⅡ」を受講

認定ダンス指導員初級・2級を取得 (※どちらも試験なし)

『ダンス介護予防指導士』

介護分野に限らず福祉関係などで活躍する方向け。
<取得方法>
ダンス介護予防指導士養成講座「BasicⅡ」を受講

認定ダンス指導員初級・2級を取得(試験なし)
ダンス教育指導士資格を取得(試験あり)
SNS
Twitter Facebook Instagram
Copyrights (c) 杉並区・世田谷区のリハビリデイサービス「プレミア・ケア」