ダンス療育指導士・ダンス介護予防指導士育成スクール「プレミア・ケア・スクール」 > 受講生の声

東京都新宿区四谷三丁目1-4 2F
会社概要事業内容ニュースブログ採用情報

HOME > 事業内容 > プレミア・ケア・スクール > 受講生の声

受講生の声

吉田 里奈さん

【千葉県柏市 社交ダンススクール経営】

・日本ポールルームダンス連盟東部総局スタンダード・ラテンアメリカン元C級
・全日本ダンス協会連合会メンバー級
・日本ベビーダンス協会1級インストラクター

<スクール受講のきっかけ>
成人の障害を持つ方とそのご家族のサークルのダンス指導をしていることや、キッズのクラスを指導するにあたり、発達障害の知識を身につけて、きちんとした理論に基づくレッスンが出来るようになりたかったので受講を決意しました。また、私自身が知的障害と自閉傾向のある次女を育てる親として、我が子を理解する為に役立つ内容だと感じました。

<スクール受講の感想>
テキストで学ぶだけでなく、実技・実習で学ぶ事ができる仕組みが良かったです。実習で全てを理解し、すぐに実践できるわけではありませんが、ダンス療育をリアルに感じることができてとても勉強になりました。先生方のレッスン中の子ども達への対応の仕方を見ることができた事と、レッスン後にレポートを書きながら様々なお話を聞けたことがとても良かったです。受講後は、私自身が落ち着いて娘と接することができるようになりました。

<今後の活動>
自分のスタジオにおいて、学んだ事を活かしたレッスンをしたいと思います。また、今後は障害を持つお子様へのダンス指導にも是非チャレンジしていきたいです。

相島 幸恵さん

【東京都 英会話講師】

・幼少期からバレエを始め、アメリカの大学で演劇を専攻
・2児の母で、子ども英会話講師のトレーナーやカリキュラムの作成を行う

<スクール受講のきっかけ>
・自分の子どもと上手く向き合うため。子どもが発達障害であってもなくても、1人の個性として、子育てをする方法を知りたかった。
・保育園での英語のレッスンでどんな子どもにも楽しんでもらう方法を知りたかった。
・ダンスは好きだが、スキル不足を補う知識が欲しかった。

<スクール受講の感想>
・発達障害に対して知識ゼロで受講しましたが、障害のタイプや特性、その支援方法を学ぶことができ、とても有意義でした。
・ダンスのどのような要素が発達障害に有効なのかを知ることができ、ダンス療育について人に「伝える」言語を獲得しました。
・法律について学びましたが、どのようなポイントをおさえて学習したらよいかアドバイスを頂き、効率よく覚えることが出来ました。
・一人では中々学習できない内容でしたが、受講することで学習時間を確保することができました。また、受講生同士連絡先を交換するなど仲間の輪も広がりました。

<今後の活動>
・受講後、自分の子どもに対してはすぐに対応方法を実践することが出来ました。発達障害ではないけれど、人とは比較せず、子どもにあったペースで成長をサポート出来るように奮闘中です。
・英語講師育成の一環として、発達障害の子ども達への対応方法について研修の一部に追加する予定です。
・会社が取り組んでいる幼児ダンスのプロジェクトで学んだ知識を活かす予定です。どんな子どももダンスの時間を楽しむことができ、またダンスをすることで発達をサポートできるプログラムを作りたいと思います。

迫田 佐智子さん

【東京都 専業主婦】

・JDAC認定ダンス教育指導士
・6人子持ちの元気な母ちゃん
・幼児とママへダンス指導

<スクール受講のきっかけ>
母になってからの子育ての経験と、大好きなダンスを合わせた新しい価値を形にしたかった。

<スクール受講の感想>
最初は法律や文言など分からないことだらけであったにも関わらず、丁寧に何度も教えてくださる講師のおかげで、最後には自分で言葉を理解し、そこから発展して授業を進めて行くことができるようになりました。また、子育て経験がある私にとって子どものちょっとした行動や症状を客観的に見つめる事によって、母親としても大きな経験をさせて頂きました。ダンス指導だけでなく、子どもを通して知り合った障害をもっている子や、その親御さん達に勇気をもって接していける、そんな機会を与えてくれた授業でした。

<今後の活動>
ダンス療育指導士の資格取得後は、プレミア・ケア・ジュニアのインストラクターとして勤務しています。また、支援学校でのダンス外部講師や効率学校のダンス外部講師として健常児・障害児の間に立ちながら、ダンスをきっかけに共生できる社会を作って行きたいです。

K・Eさん

【愛知県 元高校体育教員】

・高校の体育の教員として22年間勤務
・息子が発達障害で子育てに悩み、仕事と育児の両立で多忙な日々を送る
・発達障害に関しての無理解から、息子が心理的不安、不登校になり子供と向き合う為に退職

<スクール受講のきっかっけ>
発達障害を理解しようと勉強を始めたときににダンス療育指導士の事を知り、大阪集中講義に参加しました。

<スクール受講の感想>
様々な年齢、職種の方々18名が3日間一緒に講義を受ける事で、お互いに刺激を受け、団結して、充実した講習会でした。講習会、実習を担当してくれたスクールスタッフの方々も感じの良い素敵な方ばかりで「療育」の現場を体感しとても勉強になりました。療育は普通指導の何倍も丁寧な指導、気遣いが必要で、子供の特性に合わせてスモールステップ、見通しを立てる、距離感を見極めるなど、健常児を指導している時にはおろそかになりがちだった「教える基本」を改めて確認出来ました。療育の指導方法は健常者の指導においても、分かりやすく教えるヒントがたくさんありました。教育、福祉の分野で活動されている方々は、受講されると勉強になると思います。

川北 源さん

【東京都 放課後等デイサービス(プレミア・ケア・ジュニア)】

・保育士
・介護福祉士
・レクリエーションインストラクター
・JDAC認定ダンス指導員2級
・大阪の作業所にて5年間勤務後、スクールを経てプレミア・ケア・ジュニアに勤務

<スクール受講のきっかっけ>
元々ダンスが大好きで、障がいをもつ方々に教えていましたが、どのようにアプローチしたらよいのか分からなくて、ネット調べていたら、ダンス療育指導士の事を知りました。

<スクール受講の感想>
障がいについては、5年間務めた作業所でも研修などを通して勉強していましたが、子ども達についてはあまり分からなかったので、とても勉強になりました。実践を通してアプローチの仕方、指導方法を学べるので非常に分かりやすかったです。指導の対象が誰であっても、基本的な流れを押さえたうえで、相手に合わせて指導することが大切だと思いました。

<今後の活動>
身体を動かせる限り、指導者として、プレイヤーとしてまだまだ頑張っていきたいです。ボランティアや様々なイベントで、もっとダンスに触れていく事が目標です。
スクールを卒業して、資格試験に合格した後は、スクールが運営する放課後等デイサービス事業所のプレミア・ケア・ジュニアに勤務することになりました。学んだ事をしっかりと活かして幅広く活動していきたいです。

SNS
Twitter Facebook Instagram
Copyrights (c) 杉並区・世田谷区のリハビリデイサービス「プレミア・ケア」